topimg
TOPへ 研究助成(A,B,C) 研究助成(S) 国際交流助成(前期) 国際交流助成(後期) 国際会議開催助成 立石賞
 募集中  募集中  10月1日募集開始 募集終了 募集終了
topimg2

お知らせ

従来通り今年も、研究助成(A,B,C)と前期国際交流助成について募集します。

9月1日~10月31日募集
  ・研究助成(A,B,C)・・・公募のご案内、募集要項、申請書類とも公開済み
10月1日~12月20日募集
 ・前期国際交流助成・・・公募のご案内、募集要項、申請書類とも公開済み

公募のご案内については、左の「助成について」の該当助成をクリックして下さい。 申請書類は、本サイトからダウンロード可能です。 電子申請(募集期間末日24時締切)とともに一部の書類は押印、郵送となります(末日消印有効)。 助成対象の決定及び連絡は来年2月下旬を予定しています。

残暑お見舞い申し上げます。

当財団は、8月11日(木)~21日(日)まで夏季休暇となります。

その間、各種申請などお問い合わせに対応できませんのでご了承よろしくお願いいたします。

今年度も大型の研究助成(S)(3年間で3千万円を3件程度に助成) を募集します。

8月1日~9月30日募集
 ・研究助成(S)・・・公募のご案内、募集要項、申請書類とも公開済み


 公募のご案内については、左の「助成について」の該当助成をクリックして下さい。 申請書類は、本サイトからダウンロード可能です。 電子申請(募集期間末日24時締切)とともに一部の書類は押印、郵送となります(末日消印有効)。 助成対象の決定及び連絡は、来年2月下旬を予定しています。

①助成成果報告一覧
 ・2016年度の受領者(助成者)の登録、一覧表の作成

②業務・財務等に関する資料
 ・2016年度事業計画、予算

 ・2015年度事業報告、決算 等

③評議員・役員名簿

2016年度後期国際交流助成および国際会議開催助成の申請受付は、
2016年6月30日で終了しました。

後期国際交流助成には57件、国際会議開催助成には45件の申請が

ありました。たくさんのご応募ありがとうございました。
なお選考結果は、2016年9月末頃、ご本人様宛にご通知申し上げます。

 

5月18日に京都市内のホテルにて約160名の参加のもと、第4回立石賞表彰式と2016年度助成金贈呈式を開催しました。

 立石義雄理事長と選考委員長の挨拶に続き、研究助成対象の44名に目録を贈呈しました。それに続き、立石賞功績賞の染谷隆夫様と山本裕様、特別賞の浅川智恵子様を表彰しました。
また来賓として、文部科学省の生川浩史大臣官房審議官、京都府の山田啓二知事、オムロン㈱の作宮明夫取締役副社長よりご祝辞を賜りました。その後、立石賞の3名から受賞記念講演がありました。(以下写真)

選考委員会における厳正な審査を経て、次の様に助成課題を決定いただきました。
たくさんのご応募、誠にありがとうございました。
【研究助成】助成(採択)数42件(応募総数188件) 助成総額 1億6,034万円
   研究助成  グラフ 
【前期国際交流助成】助成(採択)数6件(応募総数19件) 助成総額 245万円
   前期国際交流  グラフ
ニュースリリース

第4回(2016年度)立石賞の受賞者が決まりました。

立石賞功績賞:染谷 隆夫氏  東京大学 教授
立石賞功績賞:山本 裕氏   京都大学 名誉教授
立石賞特別賞:浅川 智恵子氏 日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所 IBMフェロー

表彰式ならびに受賞記念講演を以下のように開催します。
2016年5月18日(水)13:30からグランドプリンスホテル京都にて(17時終了予定)

一般の方の聴講を受付けていますので、電子メールでお申し込み下さい。
申し込み先メールアドレス:本ページのヘッダ部のE-Mailアドレス
お送りいただきたい情報:聴講者の氏名(複数可)、所属機関
定員(200名)になり次第、締め切らせていただきます。

詳しくは、ニュースリリースをご参照下さい。

2016年度国際会議開催助成および2016年度後期国際交流助成の公募を4月1日から受け付けます。

電子申請の受付期間:2016年4月1日~6月30日

申請書の一部は郵送で、2016年6月30日の消印有効とします。

助成の決定と採択通知は2016年9月末頃を予定しております。

詳しくは、左または上段の“国際会議開催助成”または“国際交流助成(後期)”をクリックして、「公募のご案内」さらには「募集要項」をご確認下さい。申請書類はそれぞれの「募集要項」からダウンロードできます。

2016年度国際交流助成(前期)の申請受付は、2015年12月20日で終了しました。
国際会議発表は17件、短期在外研究は2件の申請がありました。

たくさんのご応募ありがとうございました。
なお、選考結果は2016年2月末頃、ご本人さま宛にご通知申し上げます。