研究助成

エレクトロニクスおよび情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進する研究に関する活動を支援する事業として、研究および国際交流への助成を行っています。助成プログラムは、内容・対象によって複数の種類があります。
・研究助成(S)は、「人間と機械の融和」の社会実装を目指す意欲的なプロジェクトを対象とし3年間で3,000万円の助成を行います。
・「人間と機械の調和」を促進するための研究活動を支援する助成プログラムとして、研究助成(A) 250万円/1年、研究助成(B)  500万円/2年があります。
・また、若手研究者による萌芽的な基礎研究活動を対象として、研究助成(C) 50万円/年、国際交流助成(国際会議発表) 40万円/件や国際交流助成(短期在外研究) 70万円/件の助成を行っています。
・グローバルな研究活動の支援として、シンポジウム、ワークショップ、フォーラム等の国際的な研究集会の主催する研究者に対して、国際会議開催助成 100万円/年も行っています。

・2020年8月から順次2021年度助成プログラムの公募を行います。 今年秋に公募を行う、研究助成(S)、研究助成(A)(B)(C)および前期国際交流助成の公募案内資料一式は、下記ファイルをダウンロードできます。 各機関にて、ご活用ください。
立石財団2021年度助成公募案内資料(zipファイル)