お知らせ

2022年度 研究助成(S)、研究助成(A)(B)(C)および前期国際交流の公募案内資料を公開しました

2022年度 研究助成(S)、研究助成(A)(B)(C)および2022年度 前期国際交流助成の公募を8月から順次開始します。それぞれの公募の案内資料を下記に公開しましたのでご活用ください。下記のリンクよりダウンロードできます。 立石財団_2022年度助成公募案内資料(zipファイル) 公募内容の説明はこちらを参照ください。研究助成のページ

「新しい科学の種を蒔き、イノベーション創出につなげていく」取り組みとして当財団が紹介されました

オムロン株式会社の事業を通じたよりよい社会の実現に貢献する技術や取り組みを紹介するサイト「EDGE & LINK」に当財団の取り組みが紹介されました。当財団設立者でもある立石一真が構築したオムロン株式会社の経営の羅針盤となっている「サイニック理論」の2つの方向性のうち、社会のニーズから新しい技術を開発するうえで重要な役割を担っている当財団の役割について紹介されています。 オムロンの新しい科学の種を蒔き、イノベーション創出につなげていく~「サイニック理論」が描くよりよい未来の実現にむけて~ SINIC(サイニック、Seed-Innovation to Need-Impetus Cyclic Evolution)理論について

第6回立石賞表彰式・記念講演をオンラインで開催しました

2021年5月24日から5月31日にかけて「第6回立石賞表彰式・記念講演」をオンラインで開催いたしました。第6回立石賞表彰式・記念講演は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、特設ホームページからビデオ・オン・デマンド配信による実施としました。当財団としては初めての試みでしたが、学術関係者、財団関連に皆さま方をはじめとする200名を超える参加登録・視聴をいただき盛会のうちに終了いたしました。 第6回立石賞は、功績賞として奈良先端科学技術大学院大学 名誉教授の横矢直和氏、特別賞として大阪大学大学院基礎 工学研究科 教授の石黒浩氏の業績に対して授与し表彰を行いました。ビデオ・オン・デマンド配信では、財団代表挨拶、選考委員会代表の挨拶と選考経緯の説明ののち受賞者のコメントを配信。記念講演では、功績賞受賞の横矢氏からは「時空を超える複合現実メディアへの挑戦 ~リアルとバーチャルの融合~」のテーマで、…

2021年度助成金贈呈対象決定のお知らせ

2021年度(第32回)の助成対象が、選考委員会による厳正な審査と理事会を経て決定しましたのでお知らせいたします。本年度は、研究に対する助成として47テーマ、前期国際交流(後期は9月下旬決定)に対する助成として1テーマを選定・決定いたしました。助成対象(助成者と助成課題)については、次頁以降をご参照ください。また、助成対象を代表して、2021年度研究助成(S)の概要を抄録として抜粋しています。なお、贈呈式は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、立石科学技術振興財団のウェブサイト上で、バーチャル形式で開催します。 研究助成(S) 研究助成(A) 研究助成(B) 研究助成(C) 国際交流助成 おもな研究助成の抄録 ■今回および累積の助成金額   研究助成 件数・額 国際交流助成 件数・額 合計 件数・額 今回(第32回) 47件 1億8,047万円 (前期のみ)   1件 (前期のみ…