第7回立石賞 表彰式・記念講演を開催しました

2022年5月25日(水) 15:00より、ザ・プリンス 京都宝ヶ池にて、第7回立石賞表彰式・記念講演を開催しました。前回は新型コロナウイル感染拡大防止の観点から、ビデオ・オン・デマンド配信による開催としましたが、今回は会場での実開催と同時にライブ映像配信を行うハイブリッド開催としました。当財団としては初めての試みでしたが、学術関係者、財団関連に皆さま方をはじめとする200名を超える参加登録・視聴をいただき盛会のうちに終了いたしました。

第7回立石賞は、功績賞として東京大学 大学院工学系研究科 上席研究員・名誉教授の中村仁志彦氏、特別賞として東京大学 特別教授・名誉教授の合原一幸氏の業績に対して授与し表彰を行いました。式典では、財団代表挨拶、選考委員会代表の挨拶と選考経緯の説明ののち、ご来賓として文部科学省、京都府、オムロン株式会社より祝辞を頂戴いたしました。記念講演では、功績賞受賞の中村氏からは「人間と運動のデジタルツイン」のテーマで、特別賞受賞の合原氏からは「数理情報工学に基づく複雑系数理モデル学の構築とその応用に関する研究」のテーマで研究内容の一端を講演いただきました。

立石賞受賞者の中村名誉教授、合原名誉教授のご講演は特設ページにてアーカイブ配信をしています。
第7回 立石賞 表彰式・記念講演|公益財団法人 立石科学技術振興財団 (tateisiprize.org)

参加された方より多数のご意見をいただきました。今後の運営の参考にさせていただきます。

立石賞についていついての詳細はこちらを参照ください