公募案内

2024年度に公募する研究助成(S)、研究助成(A)(B)(C)および国際交流助成、国際会議開催助成の案内資料一式は、下記ファイルをダウンロードしてご活用ください。
立石財団_2024年度に公募する案内資料

お知らせ

2022年度後期国際交流および国際会議開催助成の公募を開始します

2022年度 後期国際交流助成および国際会議開催助成を下記の要領にて公募いたします 公募期間  :2022年4月1日~6月30日応募方法  :指定書類による電子申請、誓約書・承諾書は押印後郵送助成対象期間:後期国際交流助成 2022年10月1日から2023年3月31日 日本出発        国際会議開催助成 2022年10月1日から2023年9月30日 助成の決定 :2022年9月下旬を予定 公募の概要・募集要項は、2022年度国際交流助成(後期)公募のご案内および募集要項、2022年度国際会議開催助成公募のご案内および募集要項を参照ください。申請書類は、各募集要項のページからダウンロードできます。国際交流助成(後期)公募 国際交流助成募集要項国際会議開催助成公募 国際会議開催助成募集要項

第7回立石賞受賞者決定のお知らせ

第7回(2022年度)立石賞の受賞者が、当財団選考委員会および理事会にて、以下のとおり決定しました。立石賞は、2010年の立石科学技術振興財団設立20周年を記念して創設した顕彰事業です。顕彰の対象は、エレクトロニクスおよび情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進し、技術革新と人間重視の視点において、研究活動を発展させ、その成果を世のため人のために有効なレベルまで高め、社会に認知され、多くの人に享受されると期待できる状態をもって「顕著な業績」として、それを実現した研究者個人としています。賞の授与を隔年で実施しており、今年が第7回目となります。立石賞は功績賞と特別賞の2つで構成しています。功績賞は、過去に財団から研究助成を受け、その後の研究活動において顕著な業績をあげた研究者に対して授与する賞です。また、特別賞は、財団の趣意に沿った日本発の研究・技術開発において顕著な業績を上げた研究者に対して…

助成研究成果集【第30号】発行のお知らせ

当財団では人間と機械の調和を促進する研究活動を支援しております。 その成果普及活動の一環として助成研究成果集を毎年発行していますが、最新の【第30号】が まとまりましたのお知らせします。この成果集を通して、研究成果の普及にお役に立ちますと共に、 関係者の交流の環が広がりますことを願っております。 今後とも財団活動に対して変わらぬご支援を賜わりますようお願い申し上げます。 成果集は次のページからご覧いただけます。冊子で配布している成果集の全ページをPDFでダウンロードできます。 助成研究成果集【第30号】のページホーム>助成成果>助成研究成果集(最新)https://www.tateisi-f.org/research_r/books/new.html過去の成果集のページホーム>助成成果>過去成果集一覧https://www.tateisi-f.org/researc…

2022年度 前期国際交流助成の公募を10月1日から開始します

2022年度前期交際交流助成(国際会議発表、短期在外研究)の公募を10月1日から開始します。 公募期間:2021年10月1日~12月20日応募方法:指定書類による電子申請(12月20日24時間締切)。誓約書・承諾書は押印後、郵送が必要(12月20日消印有効)助成期間:2022年4月-9月(日本出発)助成の決定:2022年2月下旬を予定 公募の概要・募集要項は、国際交流助成公募および募集要項のページを参照してください。申請書類の入手は、国際交流助成募集要項のページからダウンロードしてください。 国際交流助成(前期)公募 国際交流助成 募集要項